共同住宅の水栓について

雨上がりの鴨川の風景

雨上がりの鴨川の景色京都地所のブログ担当です。9月になり秋に入りつつありますが。先月は雨が多く、夏といえない日々が多かったように思います。地域によっては緊急事態宣言が発令され、外出したりすることが難しい情勢ですが、日々頑張っていければと思います。

共同住宅の台所(キッチン)に設置されている水栓の紹介

先日弊社所有の物件にて台所の水栓を交換しました。それ程頻繁に変えるものでは無いですが、ホームセンター等でも販売されていたりします。今回簡単ではありますが調べてみました。

単水栓と混合水栓

単水栓壁付けシングルレバー混合水栓

上の写真左側が温度調整の出来ない、水道水をそのまま流すだけの水栓で単水栓といいます。庭や洗濯機に設置されている水栓が一般的です。一般家庭の台所では採用例は少ないですが、飲食店で給水機や製氷機用に設置されたりする場合があります。

一方右側は温度調整できる機能がついた水栓で混合栓と言います。ガス給湯器や電気温水器と接続して常温からお湯に水温調整が出来ます。一般家庭ではこちらが設置されている例が殆どと思われます。

ツーハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓

壁付け2ハンドル混合水栓 壁付けシングルレバー混合水栓

混合水栓の中でも主にツーハンドルとシングルレバーに分かれます。現在は操作性の良さとデザインの良さから新築やリノベーション物件ではシングルレバー水栓が一般的ですが、ツーハンドルも長年生産されており、低コストな為かホームセンター等で見かける事が有ります。

壁付けか台付けか

台付けシングルレバー水栓壁付け2ハンドル混合水栓

一昔前のワンルーム等では台所に流し台があり壁から水栓が露出しているタイプが一般的です。システムキッチン等ではキッチンの台面上に取り付けられている場合が有ります。壁面露出タイプは交換が容易ですが台付けタイプはシステムキッチンや流し台と一体のデザイン、仕様で構成されている事もあるとの事で、この辺りが要注意の模様です。

まとめ

簡単ではありますが、台所の水栓について調べてみました。実際の交換についてはDIYでの交換も可能なようですが、普段はあまり触らない水回りの設備の部分も有、専門業者に依頼する事も多いようです。今後機会があれば自分自身の手でも作業できればとは考えております。

京都地所では居住可能な賃貸住宅等の管理も行っております。入居の仲介等も可能です。ご興味をお持ちになりましたら以下にご連絡を頂ければと思います。

京都地所
京都地所株式会社
〒600-8439
京都市所下京区室町通五条上る坂東屋町262番地1
TEL 075-365-3888
FAX 075-365-3900

 

 

タイトルとURLをコピーしました